ネパールを発見ネパール観光庁発信 オフィシャルウェブサイト ( | ベータ版)

ホームページ 旅の準備 ネパール基礎情報 ネパールの気候

ネパール の気候

ネパールは南北に大きな高度差(8,800m弱)を持っているため、気候もそれぞれの地点で大きく変わります。ヒマラヤのある北部の場合、当然夏はとても涼しく、冬は極めて厳しい寒さに見舞われます。標高の低い南部テライ地区では、夏は温帯~熱帯の気候を示す一方で、冬は比較的過ごしやすい季節といえるでしょう。一般にネパールの年間気候は、次の五季に分けられます。

      春季          夏季       雨季(Monsoon)      秋季            冬季

(3-4月)  (4-6月)   (6-9月)    (9-11月)  (11―3月)

一般に、標高が1000m上がるごとに気温は6度下がる、と言われていますので、ネパールで旅行をされる際には覚えておくとよいかもしれません。

南部テライ地区の気温をみてみると、夏季の気温は平均でも37度を超えており、場所によってはこれよりもっと高い気温になるところもあります。冬季は場所により7度~23度と開きがみられます。これより北の丘陵帯、中部山岳地帯やヒマラヤ山岳帯では夏は比較的涼しい一方で、冬は氷点下になるところも珍しくありません。首都のあるカトマンズ盆地はこの点、夏は19~35度、冬でも2~12度と、夏も冬も比較的快適に過ごせる気候環境にあります。

ヒマラヤ山岳地帯は、冬場に中央アジアから吹き付ける寒冷風に対して ついたての役割を果たしていると同時に、雨季のモンスーン風形成の際にはここが北限となっています。ネパールの雨季(モンスーン、Monsoon)は例年、おおむね6月半ばに始まり、9月半ばに終わりますが、全降雨量の約8割がこの時期に集中しています。残りの2割、特に冬場の雨はネパールの西部丘陵帯でみられます。年間平均降雨量は1,600mmとされていますが、これも地域によってばらつきが激しく、ポカラでは3,345mmと倍以上となる一方で、ムスタンではわずか300mmとされています。

とはいえ、ネパールに観光でお出でになる場合は、いずれの時期でも旅行は可能です。極寒のヒマラヤ山岳地帯でのクライミング等のケースを除けば、冬季といっても太陽の出る昼間はそれなりに暖かく、晴れ間から絶景をのぞき見るチャンスもゼロではありません。ヒマラヤの絶景を見るだけに特化するなら、ベストシーズンはまずモンスーン明けの秋季(9-11月)、次に春季・夏季(3-6月)になるでしょう。特に秋季は寒さもまだ厳しくなく、ネパールの秋晴れの空の下、降雪を身にまとったヒマラヤの白峰が目にまぶしい季節です。ただネパールにはヒマラヤ以外にも楽しんで頂けるものがたくさんあります。シャクナゲその他の植物が咲き誇る春季、夏季、雨季もまた趣があるものです。

主要な観光地の気温は以下の通りです。​

  都市名   夏季~雨季 (5~7月)   冬季 (12~2月)
最高 (°C)   最低 (°C)      雨量(mm)  最高 (°C)   最低 (°C)      雨量(mm)   
カトマンズ   28.1   19.5   312   19.3   3.0   15.4
  ポカラ   29.7   21.3   829.7   20.3   7.7   26.3
  チトワン   33.0   25.3   404.0   24.1   8.3   13.8

 

 

 

 

さらに詳しい気象や気候の情報をお求めの場合は・・・

森林土壌保全省水文・気象局(Ministry of Forest and Soil Conservation, Department of Hydrology & Meteorology)https://www.dhm.gov.np

#NepalNow

来ちゃった!ネパール!

Instagram icon
Instagram icon
Instagram icon
Instagram icon
Instagram icon
Instagram icon

イベント情報